会長ご挨拶

■ 医師会長挨拶

田園調布医師会ホームページにお越しいただきありがとうございます。
当医師会は平成30年に創立62年を迎え、平成25年度からは一般社団法人 田園調布医師会 として活動しております。
田園調布医師会は地域の皆様方の健康増進・健康管理・福祉向上のため大田区の大森医師会・蒲田医師会と密に連携し、大田区行政の協力のもとさまざまな事業を実施しております。その事業は多岐にわたり、各種予防接種・乳幼児健診・学校健診・特定健診・長寿健診・各種がん検診等を実施するとともに、年3回区民公開講座(大田区の各医師会が1回ずつ担当)を開催し区民の皆様に医療情報を提供いたしております。また休日夜間の急病患者さんのために年末年始及び日曜・祭日の午前9時〜午後10時まで田園調布医師会館にて内科・小児科の診療を行うとともに、東邦大学医療センター大森病院において行われている小児の平日夜間診療にも協力しております。高齢化社会対策としては、訪問看護ステーション・地域包括支援センターの運営を行うとともに、大田区の三医師会で認知症検診(大田区のモデル事業)を実施し、早期に認知症を発見できるように努めております。また患者さんが認知症になっても安心してかかりつけ医に通院を続けられるような体制を整えるべく活動しております。
その他、品川区の荏原医師会・品川区医師会、大田区の歯科医師会・薬剤師会・地域の包括支援センター等とも密接に連携し地域住民の皆様の健康を後押できますように心がけております。これら以外にも会員の協力のもと色々な事業を行っておりますので、詳しくはホームページをご参照いただければ幸いです。

戻るホームに戻る