田園調布医師会立 訪問看護ステーション 訪問看護サービスの内容

健康状態の観察

病気の状態や血圧、脈拍、体温など異常がないかチェックします。


療養生活の支援

排便のコントロールやおむつ交換などの排泄援助や入浴介助、洗髪や清拭などの清潔援助を行います。

 

医師の指示による医療処置や医療機器の管理

在宅酸素、在宅中心静脈栄養、経管栄養(胃ろう、腸ろう)、尿管カテーテル、腎ろうなどのカテーテル類、人工呼吸器、吸引、人工肛門、人工膀胱、床ずれや創傷処置、輸液や注射などを行います。

 

リハビリテーションや介護予防

拘縮予防や機能の回復など、理学療法士によるリハビリテーションを行います。
生活が続けられるように、服薬の相談や生活の工夫、介護予防の助言を行います。

 

看護(介護)に関する相談や支援

食事が取りづらい方への食事指導や床ずれ予防の工夫など心配なことを伺いながら、対応します。

 

苦痛の緩和や終末期ケア

心身のつらさが軽くなるように終末期の疼痛管理や緩和ケアなどを行い、穏やかな生活を遅れる
ように援助します。

 

看取りの援助

最期までご自宅で過ごしたい方、看取りを希望される方に24時間対応体制で援助します。

 

在宅移行支援

病院や施設先から自宅に帰りたいと希望する方や家族が安心して在宅移行ができるように退院、退所先に伺い調整を行います。

 

かかりつけ医(主治医)との連絡・連携

体調に変化があったときに医師に連絡をとり対応します。体調が安定していても主治医の先生に定期的に病状報告します。

戻るホームに戻る